幼稚園アルバム

2月 年長組 生活発表会に向けて…

2019年02月16日 14時01分

~にじぐみ~

年長組の劇遊びは、ストーリーも台詞も大道具も全て自分たちで考えて作ります。

何で作ろう?どんな大きさにする?色々話し合いながら大きな山をダンボールで作っています。



「私らこっちから切っていくわ」「じゃあ僕らこっちからな」「固っいなー💦」「こっちから切ったらええんちゃう?」

 

~そらぐみ~

これは模造紙にジャックのお家の中の色をつけているところです。筆は使わずダイナミックに手で絵の具をのばし「うわ~つめたい!」と言いながらみんなで楽しみました。

大道具づくり、自分たちよりも大きな作品をたくさん作りました。子どもたちのアイディアと想いがたくさん詰まっています!



 

~ほしぐみ~

フック船長の海賊船が出来上がると大喜びの子どもたち。朝のコーナー遊びをしている時間も海賊船の中に入って楽しくお話をしたり、自分たちの剣を持ち、フックやピーターパンになりきって遊んでいました。

2月 年中組 生活発表会に向けて…

2019年02月14日 18時40分

~劇遊び~

年中組では各クラスで劇遊びをします。いつも大切にしている絵本の読み聞かせの時間。1学期から沢山の絵本を読んできました。そんな中で「今日は先生が絵本を読むのではなくて、みんなが絵本の世界に入ってみよう」と誘い掛け、自分のなりたい役になり劇遊びを楽しみました。何度も繰り返す中で、いつも同じ役をする子、色々な役をしてみる子、初めは人気のなかった役も友だちが楽しそうに演じている姿をみて、次からは人気の役になったり…と、沢山遊ぶなかで、自分のお気に入りの役やシーンが決まっていきました。また、表現を深めるための道具作りもみんなで行いました。「絵本ではこんなものがあったよ」「こんなものも使いたい」と絵本をよく見ていた子どもたちはどんどん意見が出てきました。 他のクラスと劇遊びの見せあいっこをして「○○ちゃん、大きな声で上手だった」「自分もかっこいいところをみてもらいたい」とお客さんに見られることも意識するようになりました。発表会でご家族に見てもらう事をとても楽しみにしています♪



 

 

~合奏・合唱~

一学期より年中組では、毎月森江先生に来ていただき、音遊びをしてきました。

普段から、コーナー遊びを通して、スズやカスタネット、タンバリン、ウッドブロック、ギロやトライアングルと色々な楽器に触れ、リズム遊びをしたり、ピアニカもド~ラまでの音を使って、演奏できるようになった子どもたち。

発表会にむけて、『きらきらぼしとハイホーメドレー』の曲に合わせて「ぴったん、ぴったん。1回もも2回もも・・・とぴとぴトマト」など合言葉に合わせてリズム打ちをしたり、ピアニカの子どもたちは、5本の指を使って鍵盤を押さえて綺麗なメロディーを弾けるように練習に取り組んできました。



また、お部屋では、季節の歌以外の歌もうたっていて、色々うたっている曲の中から、みんなが好きな『パレード』と『ありがとうの花』の歌を舞台の上でうたいます。年中組さんの元気パワーと心のこもった歌声を発表会当日お客さんのところまで届くように、練習してきました。ドキドキして緊張してしまう子どもたちもいるかもしれませんが、「お家の人びっくりさせるぞ」とはりきっています。今までより少しお兄さんお姉さんになったカッコいい姿を見て頂きたいと思います。

2月 年少組 生活発表会に向けて…

2019年02月14日 17時46分

年少組さんは初めての生活発表会です。毎日の園生活の中で子どもたちの好きなこと、好きな遊びを通して劇遊びの題材を子どもたちと見つけていきました。各クラス子どもたちの「やりたい!」「なりたい!」がたくさんつまっています。劇遊びの中で「どうすればかっこ良く見えるかな?」「○○になるためには何をすれば良いかな?」とたくさんの疑問も出てきました。年少さんは自分が思ったこと、感じたことを上手く友だちに伝えることが恥ずかしくて中々言い出せない子もいます。また、子どもたちだけでは答えを出すのが難しい時はヒントを出して保育者が間に入り、一緒に考えていきました。



なりきるために身に付けるものは子どもたち一人一人の個性が出てどれも素敵に出来上がりました♪

完成したものを遊びの中で身に付けてごっこ遊びやダンスを踊っていました。身に付けることでいつもと違う自分になれるのでいつもよりノリノリです♪



それぞれが毎日、当日まで物語の世界に入りなりきって過ごしていました。お家の人に見てもらうのはドキドキな気持ちもありますが早く見てほしい!というワクワクな気持ちもあります。

可愛く、かっこ良く、そして、一生懸命舞台に立つ姿を温かく見守って下さい。

2月1日 豆まき

2019年02月06日 18時02分

豆まきは1年の無病息災を祈る為に行われているに日本の伝統行事です。幼稚園でも、子どもたちに節分の意味を子どもたちに伝え、豆まきをしています。

朝から「今日は豆まきやー!!」とニコニコの子ども達。

まずは、お部屋で豆を食べて、、、



いざ鬼退治へ!!自分たちで作ったお面をつけて、やる気満々です!



園庭に出て、どこかな~ときょろきょろ探していると、、、

赤鬼さんと青鬼さんが登場!!!



鬼の姿を見た子どもたちは豆を手に取り「鬼は外!!福は内!!」と元気いっぱいでした。

なんと中には青鬼さんと握手している子どもも!!



初めての豆まきだった年少さん。少し怖かったけど、離れたところから頑張って豆まきすることが出来ました。そんな中、僕に任せて~!と皆に代わって鬼退治をしてくれている子どもも!!



みんなが頑張ったおかげで鬼さんは帰ってくれました。



お部屋に戻ってから、みんなで鬼退治できて大喜びでした。頑張った後の給食はいつもよりおいしく感じたそんな素敵な1日となりました。

そして、自分たちで頑張って作ったお面やつのこう箱を嬉しそうに持って帰る姿や、お家の方に見せている子どもたちの姿にとってもほっこりしました。

子ども達みんなにたくさんの福が来ますように…。

12月 クリスマスコンサート

2018年12月27日 14時48分

0,1, 2歳児と幼稚園のお友だちみんなで参加するクリスマスコンサート。
当園では「5感を通しての心の教育」を大切にしております。その中でも生の音を体で感じ・楽しむという事を大切にしています。子どもたちの感性や耳が柔らかい幼児期に生の演奏を聴き、音の響きを体験してほしいと願っています。その思いを共有してくださっている音遊びの森江先生が主催してくださりクリスマスコンサートを行っています。。森江先生をはじめとする演奏家の方々によるコンサートは毎年とても素晴らしいものです。



今年の楽器は、、、、
ヴァイオリン



ヴィオラ



チェロ



トロンボーン


ドラム(小太鼓・シンバル・トライアングル 他)



コンサートが始まる前から子ども達は「どんな楽器あるんやろ~」「今日クリスマスコンサートやで!」と心待ちにしていました。
ホールの幕が開くと見た事がある楽器や見たことがない楽器が!森江先生から「これはなんていう名前の楽器かな~?」と問いかけられると子ども達からすぐに「ヴァイオリン!!」と言う答えが出ました!見たことないかな~というような楽器のヴィオラとチェロもすぐに答えが出て驚きました。

演奏が始まると、「あ!!これ知ってる!」と言う曲も多く、自然と体を揺らしながらリズムに乗ったりして素敵な音色を楽しんでいました。



そして、なんと年長組さんの数名にトロンボーンの演奏体験をさせていただきました。初めて見た楽器で少しドキドキしている様子でしたが、初めてなのにとっても上手に音を出す事が出来ました。


最後にはみんなで演奏に合わせて「ジングルベル」「あわてんぼうのサンタクロース」「サンタが街にやってくる」を歌いました。普段とは違う伴奏に子ども達の気持ちも上がり、大きな声でとっても上手に歌っていました。

11月 お誕生日会

2018年12月04日 18時48分

今年度は年少から年長までがホールに集まってみんなで誕生日をお祝いしています。
舞台では、お名前・クラス・何歳になったかを発表します。そんな子どもたちは嬉しそうであり、緊張してちょっぴり恥ずかしそうです。



幼稚園のみんなから「Happy Birth Day」の歌のプレゼントと「おめでとう」の言葉のプレゼントをもらって、、、そして、大好きなお家の方から書いてもらったメッセージ付きのペンダントをもらいます。子どもたちはとっても嬉しそうで、何度も何度も読み返しています。


その後は、音あそびをして下さっている森江先生がバイオリンを演奏して下さいます。毎月子どもたちが知っている曲や様々な曲を演奏してくださり、子どもたちも「この曲知ってる!」「今日はどんな曲やろ?」などと毎回とても楽しみにしています。


他にも、毎月ごとにクラスからの歌のプレゼントがあります。11月はかわいい年少組のひよこ組さんからの歌のプレゼントでした。「バスごっこ」の曲に合わせて、可愛いダンスもしてくれました。



そして、お楽しみの先生からの出し物です!パネルシアターや劇、ペープサートなど毎月様々な出し物があり、子どもたちは「次はだれ先生なんやろ~」と予想をしています。今月は……二人のピエロさんがお祝いに駆けつけてくれました。なんと、高い竹馬に乗って登場!!それを見た子どもたちは大興奮でした。


コマ回しやお手玉、バルーンなど様々な技を披露してくれました。技が出来るたびに子どもたちも「わぁ!」とびっくりしながら、目をキラキラと輝かせていました。


最後には帽子からメッセージが飛び出してきて、しゃぼん玉でお祝いしてくれました。
ピエロさんたちがしていた竹馬やコマをやりたい!と園庭遊びでは積極的に竹馬を練習する子が増えています。



お誕生日会の締めくくりには、園児全員で花道を作り、誕生日のお友達を送り出します。花道にお友達が来ると、「おめでとう!」と声をかけ、たくさんのお友達に祝われて嬉しそうな子どもたちでした。

キッズサークル(未就園児親子サークル)の活動を紹介いたします

2018年11月13日 14時06分

キッズサークルでは、未就園児対象に、毎回、「幼稚園って楽しい!お友だちや先生と遊びたい!」と思えるような雰囲気作りを心掛け、親子で楽しんで活動しています。

先日、秋を探しに公園へ行きました。公園といえば普段は遊具で遊ぶところですが、今回はあえて遊具のない公園を選びました。「どう遊ぶのかな?」と不思議そうにしていましたが、赤・黄色の葉っぱやどんぐりを拾ったり、枯れ葉、枝を踏んでガサガサ、ポキポキという音を聞いたりしました。

 
 

 

新聞紙で作ったマントやかんむりに拾った葉っぱやどんぐりを貼りすてきに変身しました。

 

 

 

また、かけっこをしたり、大きな輪、小さな輪になったり、のびのびと身体を動かし、楽しいひとときを過ごしました。

  

 

 

秋空の下、秋をいっぱい感じて遊びました。

 

 

 

秋コースでは、陶芸、給食、体操の先生と遊ぼうなど入園準備につながるような活動をしています。

 

 

 

10月 年長組 作品展に向けての取り組み

2018年10月29日 18時19分

年長組の作品展は、個人制作と共同制作を展示します。

個人制作は、陶芸・草木染め・絵画







共同制作は、自分たちでテーマを決め、3つのグループに分かれて、クラスを離れそのグループで約1か月にわたり作品作りを行う一大プロジェクトです。

今年のテーマは「動物園」!夏休み、お泊り保育の日に「神戸どうぶつ王国」に観察に行ってきました。



 

そして、作品展会議を重ね、テーマに沿って「森ゾーン」・「涼しいゾーン」・「レストラン」・「おみやげコーナー」4つのグループに分かれて作る事になりました!



話し合いをたくさんたくさん重ねて、

自分たちの思いを形にしていく、、、

年長さんらしくお友だちと力を合わせての協同作業。。。

ダイナミック、且つ繊細な表現、、、

出来上がりを楽しみにしていてくださいね!

10月 年中組 運動会をおえて…

2018年10月29日 18時12分

運動会が終わり「運動会、どうだった?」と聞いてみると「楽しかった!」という返事が返ってきました。どんなことが楽しかったか聞くと、「パラバルーンで花火が高く飛んだ」「かけっこで早く走れた」「忍者に変身した」とそれぞれ感じた楽しかった事、頑張った事を話ていました。また、お家の人に褒めてもらった事もとても嬉しかったようで、「お母さんが、頑張ってるところを見て涙が出たって言ってた」と話していたり、自信に繋がったようです。



運動会の思い出を、絵で表現しました。自分の一番頑張った事、楽しかった事を思い出し描きました。描きながら「パラバルーンの時、○○ちゃんと隣に並んだね」「お家の人と大玉転がしをしたね」と思い出を話していました。





みんなで力を合わせて頑張ったパラバルーンは大きな壁面で表現しました。自分の絵を描く時は、実際に並ぶ時の様に、手を大きく広げて描いていました。運動会、よく頑張りましたね!!

10月 年少組 作品展に向けての取り組み

2018年10月29日 18時06分

様々な素材の中で段ボールに触れて楽しみました。『一人一つの段ボールがない事、段ボールを投げない事』の2つだけお約束をしました。初めはこの大きな段ボールをどう扱おうかと困っていた子ども達でしたが、何人かの子が中に入ったり覗いてみたり、体の上に乗せたりして遊ぶようになりました。すると中に入った子が何人か連なって「電車や~!」と遊んだり、破れた段ボールを上手に立ててお家に見立てて遊んだりしていました。破れたらポイっと捨てるのではなく、そこから何が出来るかな…と考えみんなで工夫していました。初めは一人で段ボールに入っていた子も、そこに友達が来て「入れて~!」と言えたり、「入り~!」と誘ってあげたりする姿も見られる様になってきました。もうそろそろ終わりましょう…と声を掛けると「まだ遊びた~い!」の声が。続きはお部屋でやる事になりました。



絵の具遊びが大好きな年少さん。絵の具のヌルヌル、ぺトぺトの感触が大好き!そこでみんなで遊んだ大きなダンボールに色を塗ってみる事にしました。色はあえて『赤・青・黄・白』だけを用意しました。自分で色を選び、絵の具をコップに入れる量も考え、水で溶く量も考える。考える事が沢山!でも子ども達は友達とお喋りしたりしながら色を作っていました。「先生!ピンクになったよ!」「何色混ぜたらピンクになったの?」「えーっと…?」と悩んだり、「青と黄色混ぜたら緑になったで~!」と発見した子も沢山いました。また、水を沢山入れて「ジュースみたい!」と友だちと笑い合ったり、水を入れなかったのでコテコテな状態で塗っていたり、そんな時は「お水を入れてごらん。」と声を掛け絵の具と水を混ぜたら塗りやすくなる事を伝えています。でもどのくらいの量を混ぜるかは自分達で考えやってみる様にしています。色を混ぜていくとどんどん変わっていく変化を楽しんだり、手に塗る事を楽しみました。 一人でコツコツ塗る子、友達と一緒に塗る子色々ですが気持ちの良い天気の中とても楽しい時間を過ごしました。