人との関わりを通しての学び

子どもにはそれぞれ個性があるように、興味を示す対象が異なります。体を動かすことが得意な子もいれば、小さなアーティストの様に色使いが豊かでユニークな絵を描く子、リズム感に優れている子、異文化に興味を持つ子、水泳の級が上がることを目標に頑張る子・・など、様々です。
当園では、幼児期のうちに子どもの得意分野を園とご家庭で見つけ、自信につながるように伸ばしていきたいと考えています。
また、子どもの経験を重視しています。講師の先生や友だちと一緒に楽しむことで、様々な活動に対して意欲的に興味を持って取り組めるようになります。可能性に溢れる子どもたちですので、今の柔軟な時期に、園とご家庭とで、何事にもチャレンジしていく姿勢を身につけていきたいと考えています。

体操・プール(選択制)

プール

今、社会では子どもの運動能力の低下が問題となっており、子どもたちは生活の場面で身体を動かすことが少なくなってきています。子どもの体力作りで当園が大切にしていることは「身体を友達と一緒に動かすことは楽しいし、気持ちよい」という感覚を身につけることと、多様な動きを引き出す環境を作ることです。子どもは多様な動きをすることによって、身体の使い方をどんどん身につけていきます。
体操指導とプール指導では、技術的な指導を重視するのではなく、子どもの発達に沿った指導を重視し、子どもの心身を健康に育むことを目標としています。

音遊び・音楽指導

幼稚園の間に経験してほしい音楽体験は、「自分たちの周りには色々な音があること。沢山の楽器から多様な音が出てくること」「音を使うと自分の心の表現ができること」「みんなで音を合わせると気持ちが良いこと、そして人を感動させる素晴らしい力になること」です。
自然の中での音探しからはじまる「音あそび」、そして、みんなで力を合わせて一つの曲を作っていく楽しさと達成感を経験する年長児の「音楽指導」へと子どもの表現を大切に、先生たちとお友だちと一緒に楽しみながらリズム感、音感を養っていきます。

英語・国際性

英語

日本の子どもは国際性という点では経験が少ないため、幼い時期から、外国の人たちや外国についての理解を深めてほしいと考えています。子どもたちが毎回楽しみにしている英語の時間では、先生と一緒に歌やゲームなど楽しみ、コミュニケーションを深めていきます。英語の先生の姿を見つけると、“Hello!How are you?”と、大勢の子どもたちが駆け寄っていくほど、英語の先生が大好きです。

造形・絵画

幼稚園では、日々子どもたちは様々なものを作り、描いていきます。ものを作り出すこと、描き出すことは、子どもの心を表現する大切な手段の一つであると捉えています。子どもが自分の思いを、もの作りを通して自由に表現をしていくために、一人ひとりの感性、感覚を大切にします。講師の先生にアドバイスをいただきながら、それぞれの学年の発達に沿った学びのプロセスを検討し、様々な素材、色、表現方法が経験できるよう保育を行っています。