幼稚園アルバム

9月 年少組 運動会にむけて…

2018年10月03日 17時38分

お外で思い切り走る事が大好きな年少さん。最初は走る事を思い切り楽しもう!と皆でタンバリンゲームをしました。音がなっている間は走り、音が止まったらみんなもストップ!大喜びでゲームを楽しみ、今度は「先生の所まで走ってみよう!」「順番を守って並ぼう」と少しずつお約束を増やしました。次第に「次は一番になるぞ!」「頑張って走るよ!」とルールを守りながら最後まで友達と楽しみながら走る事ができるようになりました。



動物が大好きな年少さんはお部屋でも変身して友達と猫やうさぎになりきって遊ぶ姿がよく見られました。他にはどんな動物がいるかな?と色々な動物に変身して遊んでみました。身体表現では音楽に合わせて変身した動物でお散歩に行ったり友達と遊んで楽しみました。リズム表現では大好きな動物園に行ってみたいということで、「動物園に行こう」の音楽を聴いてみんなで「どんなダンスにしようかな?」と体を動かしながら考えた子どもたち。自分たちで少しずつ案を出したダンスにノリノリで友達と楽しみました。上手になってきたから「おうちの人にみてもらう!」と張り切って練習しました。



4月からマット、鉄棒、平均台、跳び箱等の運動遊びを体操指導の山岡先生と一緒に取り組んできました。最初はやり方も分からず先生の手をつかんだりお友達の様子をじっと見つめる子もいましたが、体を動かし色んな事に挑戦していくうちに、「今度は自分でやってみる!」「これ出来るようになってきたよ!」と一人ひとりが楽しんで意欲的に取り組む事ができるようになってきました。

同窓会

2018年09月10日 09時02分

毎年7月最後の金曜日は、同窓会の日です。今年は7月27日に行いました。1年生から6年生までで総勢159人の卒園生が集まってくれました。

まずは、ホールに集まって、久しぶりのお友達や先生たちとの乾杯!!

懐かしの顔ぶれに会話も弾み、先生たちも子どもたちも笑顔であふれていました。





その後は、各学年のグループに分かれて、園内探検にスタートです。去年新園舎に建て替わったので、2年生より上の学年の子どもたちは自分たちが過ごした園舎とは違う新園舎に興味津々でした。



園内探検が終わると、園庭で思いっきり遊びました。懐かしの遊具、そして今まで見たことのない遊具に子どもたちも大興奮でした。遊んでいる子どもたちの笑顔からは、“幼稚園での楽しかった思い出”も思い出されている様に思いました。



遊具で遊んでいる姿を見ると、幼稚園の時と変わらない表情で遊んでいる子どもたちですが、体は大きく成長している子どもたち。「ちっちゃー!」「余裕で出来るわ」などの声も聞こえてきました。



園庭で思いっきり遊んだ後は、ホールに戻り「幼稚園〇×クイズ」をしました。ずっと通っていた幼稚園とはいえ、何年も前の事。子どもたちからは「どっちやったっけ~」「わすれた!」なども聞こえてくる中で、自信満々に「絶対こっちやで!」と言っている子もいました。また、園内探検で初めて見た新園舎に事についてのクイズでは苦戦している様子も見られました。



○×ゲームで盛り上がったあとは各学年でのフリートークをしました。フリートークでは、小学校でしている事、今頑張っていることなどをみんなでお話ししました。頑張っている事を話している子どもたちはとても逞しく、イキイキとしていました。

そして、最後にみんなで園歌を歌いました。幼稚園でずっと歌っていた思い出深い園歌は、いつまで経っても忘れずに覚えてくれていました。忘れているお友達もいましたが、歌っているのを聞いて「ああ~!こんなんやった!」と思い出してくれていました。



 

 



1年生:一年生になった子どもたちは、身長だけでなく中身も一回りも二回りも大きくなっていました。

 



2、3年生:2年生の参加が少なくちょっぴり淋しかったね。やっぱり一緒に写っていても3年生と分かるのは……貫禄かな?

 



4年生:幼稚園の頃からお友達が大好きでにぎやかな学年でした。この日もやっぱりお友達とのお話に夢中でした。

 



5年生:幼稚園の頃よりもさらに自分のカラーを磨きながら大きくなっている皆を頼もしく思いました。

 



6年生:6年生の皆には「20歳になった自分へ」お手紙を書いてもらいました。20歳になったら同窓会にぜひ来て、手紙を開封しましょうね!

 

いっぱいお話しして、いっぱい笑って、あっという間の同窓会でした。その限られた時間の中でたくさんの子どもたちのキラキラとした笑顔を見ることが出来ました。

今回の同窓会に来ることが出来なかったお友達もまた、いつでも幼稚園にきてくださいね。待っています!

年長組 お泊り保育の様子

2018年07月28日 17時47分

7/20・21で年長さんのビッグイベントの1つであるお泊り保育がありました。初めておうちの人と1日離れるお友だちもたくさんいてドキドキ♡最初は少し不安げな子どももいましたが、みんなで過ごすうちに楽しくなり、いつも通りの元気いっぱいの笑顔があふれていました。



いつもおうちの人にしてもらっている、着替えの準備、布団の準備など全て子ども達で行いました。



お母さんたちがどれだけ頑張ってくれているのかを実感しました。そして、自分の事は自分ですることでまた1つ大きくなったような気がします。お友だちと楽しみながらお布団を畳む様子はとても頼もしく感じました。

 

年中組 1学期を振り返って

2018年07月28日 17時43分

~くるみ組~

4月進級当初は自分の思いを言葉で伝える事がなかなか出来なかった子ども達でしたが、お当番を決めたりその仕事内容を自分たちで考えながら進めることから始まり、クラスの中で話し合いの場を作り、発言の機会が増えてくると次第に自分の意見をみんなの前で発表することが出来るようになってきました。発表する友だちの意見に耳を傾け、それについて自分の気持ちや思いを言えるようになってきました。



家で作った絵本をみんなの前で見せながらお話の内容を発表しているところです。絵を見ながら一生懸命お話をしています。



その絵本について質問したり、意見を発表しているところです。「どんな風に作ったん?」「どんなお話し?」「作りたい!」「作り方教えて!」…色々な質問が出てきました。

この後、クラスのコーナー遊びに絵本制作コーナーを作るとみんな楽しみながら絵本製作をして、たくさんの絵本が完成していました。

友だちとの関わりの中で興味のあるものや楽しみを見付けそのことを友だちと共有しながら経験を積み重ね日々成長していっています。

 

~どんぐり組~

新しいクラスになり3ヶ月が経ちました。遊んでいる子どもたちは「長い針が○○になったらお片付けだね」「朝のつどいが終わったらまた 遊ぼうね」と子どもたちも意識して積極的に声をかけ合っています。ほとんどの子どもたちがうなずいたり、「わかった!」と 素直に返してくれます。子どもたちの中に、また遊べるんだという安心感があるのだと思います。何も声を掛けなくても、小さいほうきとちりとりでお掃除をし始めたり、ごみが落ちていないかや、おもちゃが残っていないか、ロッカーの前に荷物が落ちていないか自分たちで気づいて役割分担しながら自主的に点検をしています。



そして、毎日クラスのみんなで集まり「朝のつどい」から一日がスタートします。 4月当初は、集まっても、緊張して何も言えずに遠慮している子どももいました。保育者が声掛けしながら進めていましたが、今 少しずつ変わってきています。朝の歌を歌ったり、みんなで向かい合って「おはようございます!」と元気な声が響きます!やっぱり一日のスタートに元気よく挨拶すると気分がよいですね!!みんなで歌をうたうことが大好きで、「カエルの歌うたいたい」「虹の歌がいい!」と毎日リクエストしてくれます。そして新しい歌も興味を持ちすぐに覚えて、楽しく歌っています。



また、「今日は歯医者ごっこをして楽しかった」「ビー玉転がしして、3階まで高く積み上げて遊んだ」など、その日のコーナー遊びで楽しかったことを、みんなの前で伝えたりして、自分の思いや意見を発言する機会も増えてきました。お友だちの思いを分かち合ったりして、思いやりも持てるようになってきています。

 

~まつぼっくり組~

4月の初め、新しいクラスに緊張もあったのか、先生の問いかけに「しーん」とする子どもたち。自分の意見を言う事に少し抵抗があったようで、周りの友だちの言った事を真似したり…少しずつ自分の思いを発揮出来ると良いな。と感じていました。1学期間一緒に過ごす中で、「どう思う?」「みんなはどうしたい?」と問いかけて決める事が沢山ありました。そんな中でどんどん安心して意見を言えるようになってきた子どもたち。今ではみんな意見を言いたくて「もう!私がまだ喋ってるのに!」と言い合いになる程です。

6月から始まった泥んこあそび。その都度自分の意志で「今日はする、しない」を決めます。



お部屋での制作活動も、数種類ある中から自分で選んで作りたいものを作ります。沢山作りたい子は幾つも作っています。このように自分で考え、決める経験を重ねる事で、どんどん「先生、こんな材料が欲しい!」「太鼓の音が聞こえる!マーチングかな?見に行きたい!」と自分で気付いたこと、したい事を伝えられるようになりました。



「〇〇したい!」の声が増えるのはとても嬉しい事です。そんな子どもたちの興味や意志を大切にしていきたいと思います。

年少組 1学期を振り返って

2018年07月28日 17時03分

入園・進級から4カ月が経ちました。初めはお家の方と離れることが不安で悲しく泣いていた子もいました。ですが月日が経つにつれ、園生活にも慣れ幼稚園は楽しい所!と笑顔が見られるようになりました。

また幼稚園ではお着替えや食事等も自分の力で頑張る事を経験しました。初めはボタンが出来ない、何処に袖を通すのか・・・脱いだ服は丸めて鞄にポイっと入れる。でも少しずつ手伝ってもらわなくてもボタンをしっかり見て穴に通す、脱いだ服は袖を折って次に半分に畳んで・・・畳んだ状態でそっと鞄の中に直す事も出来てきました。



 

給食では苦手な食べ物を見て涙を流す事も。泣いて訴えるだけではなく、「これ好きじゃないから少なくして下さい。」と自分の気持ちを伝え、また全く食べないわけではなく一口から頑張ったり、小食の子は少なめに配膳したりし、「完食できた!」という喜びを感じ、給食に時間が楽しくなりました。



少しの援助で色々な事が出来る様になった一学期。二学期には運動会や作品展等の大きな行事があります。また一段と成長した姿を見せてくれることでしょう。

いちご組みかん組(2歳児) 子どもたちの一日の様子

2018年07月28日 16時49分

~朝の集い~

いちご組・みかん組合同で、手遊び・うた・挨拶などの朝の集いをしています。♪むすんでひらいて♪おもちゃのチャチャチャなど手を使って楽しむうたが子ども達に大人気です。驚くほど元気な声で歌っている日や、今日は歌う気分ではないとおもちゃコーナーに行って遊んでいる姿も見られることもあります。元気いっぱい2歳児クラスの一日の始まりです!



 

~水遊び~

「きょうプールする?」と、お気に入りのプールバックを大切そうに持ちながらプールの時間を心待ちにしてくれています。顔に水がかかるのが嫌な子もいますが、水の気持ちよさを知ることで少しずつ慣れてきました。友達に「どうぞ~」とカップからカップへと水を移してあげたり、ジョーロで身体や手に水をかけ合いながら、保育者や友達との関わりや言葉のやり取りを通して水遊びを楽しんでいます。



 

~給食~

たくさん遊びお腹もペコペコ!給食、お弁当(月1回)の時間です。給食では、完食することも、もちろん達成感に繋げていくことに大切ですが、苦手なものでも少しでも食べてみようとする気持ちを大切にするようにしています。「すごいね~」と保育者に褒められ応援されると「もっと食べれるで!」と大きな口を開けて見せてくれたり、頑張ったけどやっぱりいやだ~と感じたり・・・。ゆっくりと落ち着いた中での食事の時間を過ごしています。



 

~午睡~

布団に入り眠りにつくまでは、友だちとお話や大笑いをしてハイテンションの子ども達ですが、心地の良い音楽や、身体をさすってもらうとウトウト・・・。いっぱい遊んでいっぱい食べてぐっすりとお昼寝タイムです。



 

~午睡後も元気いっぱい!~

狭い空間や段ボール・箱の中に入って遊ぶことが大好きです。たくさんのおもちゃをその場所へ持っていき、周りから見ると散らかっているようにも感じますが、仕切りを作ったり、おもちゃいっぱいのお風呂だったりと、それぞれの想像力で出来る「場」は子ども達にとっても落ち着く場所となり楽しんで遊んでいます。

ぶどう組(1歳児) 子どもたちの一日の様子

2018年07月28日 16時06分

~水遊び~

夏は水遊びをしています。タライに水を入れ、水を触ったり、プールに水を溜めて入ったり、とっても気持ちよさそうです。ジョーロなどに水を入れて「じゃー」と水をかけたり、手の平で水を叩き、水が飛んでくるのを楽しんだりと、水遊びをしている子ども達の表情は一段と良い笑顔をしています。最初は水が苦手だった子も、お友達が水に触れているのを見て、触ってみようかな?と少しずつ近づいてくるようになりました。水遊びの後は一人ずつシャワーをします。暑い夏も涼しく快適に過ごしてほしいと思っています。



 

~お昼寝~

給食をお腹いっぱい食べた後は、ふかふかのお布団でお昼寝です。部屋の電気を消すと、「ねんねー」と言って自分の布団へ向かいます。眠りにつきやすいよう、優しく身体に触れたり、背中をトントンしたりすると、気持ちよさそうに眠りにつく子ども達です。



 

~テラス~

お部屋から直接外に出られるテラスは子ども達の大好きな場所です。木のぬくもりを足裏で感じ、心地よい風にあたりながら外を眺める時間は、気分転換にもなり、とても気持ちよさそうです。広い園庭が一望できるので、じゅんちゃんが見えると「じゅんちゃーん」と大きな声で呼んでみたり、飛行機の音が聞こえると、空を見上げて、みんなで飛行機を探したりもしています。



 

~給食~

食べる事が大好きな子ども達。まだまだ手づかみで食べる時もありますが、少しずつスプーンを使って食べるようになってきました。「もぐもぐ」「おいしいね」と言葉を掛けながら子ども達が楽しく食事ができる雰囲気を大切にしています。



 

~畑へお散歩~

すくすくファームの畑の野菜を見に行くのが楽しみな子ども達。様々な野菜が育っており、毎日見に行く中で、お花が咲いていたり、実がついていることに興味を示しています。「あっ!」と指をさして反応したり、「シーカ(スイカ)」「きゅーり」と野菜の名前を口にしながら、近くまで見に行ったりしています。触ろうと手を伸ばしている時に「優しく触ろうね」と声を掛けると、「ちょんちょん」と言ったりしながら触っていますが、時にはトマトなどを取ってしまうこともあります…。まだまだ力加減が難しい一歳児です。これからも野菜の成長を子ども達と感じていきたいと思っています。



 

~手洗い~

おやつ、給食前や外から帰ってきたら手洗いをします。四月は手の平に石鹸の泡をのせると、泡をゆっくり塗り広げていた子ども達。手を添えて一緒に手洗いをしていく中で、子ども達も手の洗い方が少しずつ分かってきたようです。今では手の平に泡を出し、「あわあわ」「ごしごし」と言いながら手洗いを楽しんでいます。

さくらんぼ組(0歳児) 子どもたちの一日の様子

2018年07月28日 13時35分

「おはよう」の挨拶をして元気に登園し、大好きなご家族の方に「いってらっしゃい」とバイバイすると、保育者に抱っこされたり目を合わせてニコニコ笑顔で触れあったり、お気に入りのおもちゃを手に取り好きな遊びを楽しみます。園生活にもすっかり慣れ、お友だちが持っているおもちゃで遊びたい時は、“私(僕)も欲しい!”と取りに行ったりする姿も見られるようになり、自分の気持ちも少しずつ伝えられるようになってきています。また、おもちゃ箱の中にはない、特別なおもちゃが棚の中に入っている事も覚えているようで、棚の前へ行き、棚を叩いたり「あー、あー」と声を出したりして、“ここのおもちゃを出して”と保育者に伝えてくれます。



9時になると、みんなが楽しみにしているおやつの時間です。さくらんぼ組のお友だちは、まだおやつが食べられないのでミルクを飲みます。さくらんぼ組では、保育者と子どもが1対1で目と目を合わせて微笑んだり、顔や頭を触ってスキンシップを取ったりしながら授乳しています。保育者がミルクをつくりはじめると、調乳室の方へ来て、“はやくのみたいよ”と伝えてくれています。ミルクが出来上がると“まんま、まんま”と催促したり、保育者にキラキラ目線を送ってくれたりして、自分が1番に欲しいということを伝えてくれます。また、お友だちが飲んでいる時も、ハイハイやずり這いで保育者の方へ来てくれ、“次ちょうだいね”と伝えにきてくれています。「飲もうか~!」と話し掛けると、にこにこ嬉しそうに近づいてきてくれる姿はとてもかわいいです。



朝のおやつも終わり、オムツも綺麗になってすっきりすると、保育者と一緒に絵本や手遊びを楽しみます。みんなの最近のお気に入りの絵本は、“だるまさんが”です。「だるまさんが」と保育者が言うと、体を揺らしながらニコニコ笑顔で見てくれています。お歌をうたうと手を叩いて笑顔で喜んでくれています。



さくらんぼ組では、天気の良い日は、毎日外へ出て遊んでいます。今の暑い時期は、お水遊びや泥遊びなどの感触遊びを楽しんでいます。お水が顔にかかっても平気なようで、ちゃぷちゃぷ水を触って、ダイナミックに遊んでいます。



たくさん遊んだ後はおなかがぺこぺこ!おなかがすいたよ~と保育者に泣いて伝えてくれます。自分で食べようとする意欲もわいてきて、ごはんを触ったり手づかみで食べたりしながら楽しんで食べています。たくさん食べてお腹が満たされると、みんなぐっすりおやすみの時間です。寝顔がとてもかわいいです。



たくさん眠ったらみんな元気いっぱいに回復!3時のおやつのミルクを飲んで、お部屋で保育者と遊びながら大好きなご家族の方のお迎えを待っています。お迎えに来てくれた姿が見えると、にこにこ笑顔を見せたり、「だっこ~」と近づいたり、嬉しそうな表情はとてもほっこりします。

年少組 外遊びの様子 (6月)

2018年06月23日 12時25分

~おままごと遊び~

砂場でご飯を作ったり、ケーキを作ったりするのが大好きな年少です。作ったものは保育者にごちそうしてくれます。「おいしい!おかわり!」等声を掛けると、ご飯に飲み物が付いたり、ケーキにいちごが乗ったりと豪華になってきます。お友達と固まって遊んでいますが、友だち同士の会話はまだ少なく作る事に一生懸命で、まだまだ一人遊びを楽しむ子も沢山います。



 

~ジャングルジャングルに挑戦~

ジャングルジャングルはとても高く魅力的な遊具です。あまりの高さになかなか登れなかった子も年中さん、年長さんが登るのを見て「自分も登ってみたい!」と思い這いつくばって太鼓橋を登ってみました。すると、友だちが待っている所に到着!自分で登れた嬉しさと、チャレンジした達成感で高い所から下にいる友だちに「おーい!」と笑顔いっぱいです。

年中組 外遊びの様子 (6月)

2018年06月23日 12時15分

服を着替え、サンダルを履いて思いっきり泥遊びを楽しんでいます。大きなスコップで穴を掘り「お水持ってきてー!」と声を掛け合い、とゆ(パイプ)を上手に繋げて水を流し…

‟泥温泉“の出来上がり。 手や足、たまには顔にまで泥を付けて、思いっきり泥の感触を楽しんでいます。 泥遊びを始めた最初の頃は、サンダルに砂が付くと「足が痛い…」と言っていた子も、遊んでいるうちに楽しさで気にならなくなってきたようです。



 

子どもたちに人気のジャングルジャングルやブランコ等の遊具。お気に入りの遊具は何度も何度も、繰り返し楽しんでいます。ブランコは順番に並んで「替わって」と声をかけたり、

「あと10秒で交代!」と数を数えたり、順番も子たち同士でやりとりしています。ブランコに乗っていると自然と歌声が聞こえ、隣の友だちにも伝わっていつの間にか大合唱になっています♪



 

雲梯(うんてい)に挑戦する子も沢山います!初めはみんな1つ、2つで落ちてしまうのですが、それを繰り返し毎日続けていると、日に日に前に進めるようになり「今日は4つ目までいけた!」と喜んでいます。手に出来たマメも先生や友だちに得意気に見せ、「頑張った証拠だね!」と自信に繋がっています。