本文へ移動

幼稚園アルバム

節分 豆まき「おにはそと、ふくはうち」 3・4・5歳児

2024-02-07
【3歳児】
節分の行事に親しみをもてるよう、お部屋では節分の絵本や紙芝居を読んだり、鬼のお面やつのこう箱の制作をしたりしていました。なので、子どもたちは「いつ豆まきするの?」ととても心待ちにしていて、お部屋でも鬼のお面を付けて友だちと「おにはそと~」と言いながら楽しんでいました。豆まき当日は怖くて泣いてしまう姿、「みんなのこと守ってあげる」と頼もしい姿、怖いけど少し遠くから一生懸命豆まきをする姿が沢山見られました。
【4歳児】
「去年は泣いちゃったけど今年は泣かないぞ!」と意気込んで鬼に立ち向かう年中さん。自分たちで選んだ素材・色付けをした鬼の面をかぶり、角こう箱を片手にいざ!
「どこだ~?」と園庭中を探し回り見つけた途端、一目散に逃げる子、立ち向かう子…様々ですが、全員しっかりと豆を投げて役を払いました。来年は「本物でもええよ~!」となかなか頼もしい子どもたちでした。
【5歳児】
「おには~そと!ふくは~うち!」と元気な声で言いながら豆まきをしました。鬼の登場にびっくりして泣いているお友だちや年少さんに「怖くないよ。大丈夫だよ」と声を掛けながら、手をつなぎ守ってあげようとする姿に年長らしさを感じました。
3・4・5歳児は縦割りで豆まきを行いました。
みんなで力を合わせて悪いもの「鬼」を追い払うことが出来ました。みんなに沢山福がやってきますように♡
 

節分 豆まき「おにはそと、ふくはうち」低年齢児

2024-02-07

節分の豆まきは、邪気や魔物を取り払い、幸運を祈るために行われている日本の伝統行事です。幼稚園でも、子どもたちに節分の意味、豆まきをする意味を子どもたちに伝えています。

 

各学年の豆まきの様子をお伝えします。
【0歳児】

初めての幼稚園での節分。「鬼さんって何だろう?」とお部屋の鬼さんの壁面を「あ!あ!」と指さす子どもたち。

豆まきの当日、遠くにいる鬼さんの姿をテラスの柵の間からじっと見つめていました。最後は鬼さんが側までやってくると、ドキドキしながらも「バイバイ」と手を振る勇敢な姿も見られました。

【1歳児】

好きな色でお絵描きした自分だけの鬼のお面をつけて、「鬼のパンツ」の歌をうたいながら「おにをやっつけるよ」と「まめまき」を楽しみにしていたぶどう組の子どもたち。「おにさんまだかな~?」と楽しみにしていたところにいざ鬼が来ると、その迫力にびっくり。少し怖かったけれど「おには~そと~」とまめまきができました。

【2歳児】

「鬼さんっていつ来るの?」とお面を制作しながらドキドキ・ワクワクしていた子ども達です。豆まき当日にはお面をかぶって準備万端!!勇敢に豆まきをする子や怖いけれど豆を投げる子、保育者と一緒に投げる子、色々な姿がありました。鬼をやっつけて最後には鬼さんとタッチできましたよ。

0.1.2歳児はテラスから豆まきや鬼の姿をみました。

少し怖がりながらも「鬼」の姿には興味津々の子どもたちでした。

みんなが健康で幸せに過ごせますように。

寒くてもへっちゃらだよ 【1歳児 ぶどう組】

子どもたちは外遊びが大好きです。気温が低い日は遊ぶ時間を短くするなど調整していますが、いいお天気の日は毎日元気いっぱい遊んでいます。園庭を走り回る子ども、葉っぱ集めをしている子ども、遊具や砂場で遊ぶ子どもなどみんな思い思いの場所で楽しく遊んでいます。
また、遊具の日の当たっている所と当たっていない所を触り比べ、「こっちはあったかい」「ここは冷たいね」など触って感じる温度の違いを楽しむなど五感を通して冬の外遊びを楽しんでいます。
ある日、たくさんの割れた氷が入ったバケツを見つけた子どもがいました。先に遊んでいた幼稚園のお友だちが見つけて遊んでいたのでしょう。かけらを一つ手に取り、「つめたーい」と嬉しそうに保育者に見せてくれました。その声にお友だちが集まると、みんなで氷の冷たさや溶けていく感触を楽しんでいました。

これからもっと寒くなれば、雪が降るかもしれません。また園庭で氷が見つかるかもしれません。
冬の園庭は楽しみがいっぱいです。

メリークリスマス!(2歳児・満3歳児クラス)

2023-12-28
【クリスマス会】

 待ちに待ったクリスマス会の日。「今日はサンタさんが幼稚園に遊びに来てくれてるよ!」

と伝えると、「え!サンタさん来てるの?」とキラキラした眼差しで保育者の話を聞いていました。

 サンタさんのいるホールに向かう、その子どもたちの後ろ姿から、ワクワクが伝わってきます。ホールのカーテンの後ろからシャンシャンと鈴の音がしたかと思うと、「メリークリスマス!」とサンタさんが登場しました。嬉しそうに手を振る姿、じーっと見つめる姿、少し驚いていた姿、色々な姿が見られましたが、サンタさんが近くに来てくれると嬉しそうに「タッチ!」をしに行く子どもたち。サンタさんにプレゼントを貰うと「ありがとう」と少し照れながら、でも嬉しそうな表情で大切にぎゅっとプレゼントを抱えていました。

 お部屋に戻ると、「サンタさんのおひげ長かった!」「プレゼントママに見せる!」など、お話がとまらない子どもたちでした

 

【クリスマスコンサート】

いつもとは違う雰囲気のホールに着くと、あたりをキョロキョロ…

カーテンが開くと、色んな楽器、キラキラの衣装、「なにがはじまるの!」と一気に釘付けになる子どもたち。チェロ・ビオラ・バイオリン・打楽器などで奏でられる素敵なハーモニーを聞き入っていました。普段から歌っている「おもちゃのチャチャチャ」「あわてんぼうのサンタクロース」などの演奏に「あ!知ってる!」と身体を揺らしたり、パチパチ手拍子して楽しんでいました。

みんながとっても楽しみにしていたクリスマスの日。登園してきてすぐに「サンタさんお家にも来てくれたの!」「サンタさんにおもちゃ貰ったんだ~」「クリスマスケーキ食べたよ!」とお家でも楽しいクリスマスを過ごしたことを嬉しそうに話す子どもたち。素敵なクリスマスになったね。メリークリスマス!

絵の具遊びをしたよ!

すっかり冬が来ました。秋にはどんぐりを見つけると、目を輝かせて嬉しそうに拾い集めた子どもたち。落ち葉は握って「バリッバリッ」と音と感触を楽しんでいました。五感を通した遊びを経験する中で、絵の具遊びが大好きになってきた子どもたち。今回はそんな絵具遊びを満喫するさくらんぼ組の子どもたちの様子をお伝えします!

保育者が「絵の具遊びするよ~!」と声を掛けると“やったぁ!”と笑顔でこちらまで来てくれる子どもたち。机の上にある筆を見つけるとすぐに手に取り、真剣な表情で自分から絵の具をつけて塗り広げていました。手に絵の具が付いてしまっても、手のひらで模造紙に絵の具をつけてダイナミックに絵の具遊びを楽しんでいました。
自分で絵の具付けられるかな?
みんなでぬりぬり楽しいね!
手が汚れてもへっちゃら!

みんなで塗った模造紙は「青空」と大好きな「バス」に大変身!完成した作品を見て満足そうな表情の子どもたちでした☻

TOPへ戻る