本文へ移動

幼稚園アルバム

年中組 室内遊びの様子(5月)

2018-05-24
洗濯ばさみが大変身!
年中組のお部屋には様々な遊びの場(コーナー)があります。そのなかの1つ、「洗濯ばさみ」で遊べるコーナー。

こんな身近なものも、子どもたちにとっては楽しい遊び道具になります。大人では思いつかないような発想でどんどん繋ぎ合わせ、「ロボット」や「ロケット」等色々な作品に変身させています。
また、洗濯ばさみで作った「飛行機」を積み木コーナーに飛ばして行き、「飛行機が着陸する場所も作ろう!」と、遊びがどんどん発展していきます。

イメージを膨らませたり、手先を器用に使ったり、友だちとコミュニケーションをとりながら遊びを共有したり…様々な力に繋がっています。
今日はどうやって使おうかな?
「ままごとコーナー」に段ボール箱を置いておくと… お風呂に変身!
「先生、お風呂の水が欲しい!」という事で、お部屋にあったビニール袋を渡すと、箱の中に入れてみんなが入ったりぬいぐるみを洗ったり…。

知らずに入ってきた先生が野菜を入れると「先生、ここはお風呂やから野菜入れたらあかんで!」と、子どもたちの中ではすっかり“お風呂”になっていたようです。
ところが次の日は“ベッド”に変身!

そしてまた次の日は“自動販売機”に!!
想像力豊かな子どもたちは、1つの段ボール箱でも様々な物に見立てられるようです。

壊れてしまったところは「先生、ガムテープちょうだい!」と修理しながら使ったり、友だちと協力したり、物を大切にする気持ちも育まれています。
見て見て!出来たよ!
年中組のお部屋には自由に材料を使って制作を楽しめる「制作コーナー」があります。
画用紙・折り紙・空き箱・牛乳パック…様々な素材がある中で、初めは扱いやすい画用紙や折り紙が人気でした。

徐々に違う素材にも興味を持ち「この箱どうやって使おう…?」「テープで繋げてみたら鉄砲みたいになった!」「じゃあもっと大きくしてみよう!」と作っていく中で、イメージはどんどん膨らんでいきます。
隣の友だちの様子をみながら「こんな使い方もあるんだ」と知ったり、とても集中して作っています。
最近はスズランテープを三つ編みしたり、手先を上手に使い細かい作品も出来ています。自分で考えたり工夫する力がどんどん育っています。

年長組 室内遊びの様子(5月)

2018-05-22
かぜはどこにあるだろう
年長組では、コーナー遊びで鯉のぼり制作をしました。自分たちで和紙を絵の具で溶いた水で染めました。「だんだんと色が広がって混ざった!」と気が付く子どももいれば、「こうやってやるんやで。」とお友達同士で教え合いながら制作している姿がありました。
こいのぼりのうろこの役割を先生におしえてもらい、染めた和紙にかわいいうろこを付けて完成!!
支柱に付けるのも年長組さんは自分たちでしました。ちいさい穴にモールを通すのを何度も失敗して、挑戦して、、
そして、完成!!!
作っておしまい!! ではありません。
早速自分で作ったこいのぼりの風車を回しに、窓へ!

でも、小窓にはあまり風は強くなく、まわせる人数も少ない。

そこで考えた子どもたちはお部屋の扇風機の風を使って回しだしました。「ゆっくりまわるなあ」「縦にした方がよくまわるで」など子どもたちでどうやったら速く回るか考えていました。
扇風機でまわしている子どもの後ろをよく見てみると、なにやら後ろでもこいのぼりをまわしている様子が、、、。なんとそこには、空気清浄器!!風を見つけるのがとっても上手な子どもたちでした。
自分でペン立てを作ろう
自由遊びの時間の粘土遊びの集大成!「陶芸」に挑戦。

ペットボトルを使って、ペン立てづくりをしました。

さすが年長組さん!今までたくさん粘土遊びをしてきただけあって、粘土の扱いが上手!

教えてくれる先生のお話をしっかりと聞いていました。
ペン立て作りのスタート!ペットボトルに粘土を巻き付けて、、
型取ったり、模様を描いたり、形を作って貼り付けたり、、
個性溢れるすてきなペン立ての完成!!!焼きあがるのが楽しみだね!
TOPへ戻る